第36回 自分一人になっても、断る勇気を持つ

【自分一人になっても、断る勇気を持つ】

□ざっくり言うと

・断ると仕事や人脈に影響が出ると思っている
・相手が貴方の価値を認めていれば何にも影響は出ない
・断ることで貴方を利用する人脈の断捨離が出来る
・貴方の人脈の質が向上し最強運を引き寄せられる

ビジネスマンが最強運を引き寄せるための心質(しんしつ)を改善する八つの方法をお届け致します。

尚、今回のお話は「ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法」のPodcastでも聞けるようになっています。→ http://goo.gl/sVUL1o

1回目が「今、この仕事を全力で好きになる」
2回目が「もう、友達だって変えてみる」
3回目が「嫌だと思った慣習は、自分でしか断ち切れない」
4回目が「幸せとは、他人と比べないところから始まります」
5回目が「学歴と身長はもう高くならない。目標と意思だけは、これからだって高くなれる」

そして、第6回目は、「自分ひとりになっても、断る勇気を持つ」です。

付き合いを断るのって勇気が必要ですよね。断れない理由は、

「付き合いが悪い人と思われたらどうしよう」
「人脈にひびが入ったらひびが入るのでないか」
「今後の仕事に影響が出るんじゃないか」
「繋がっていた方が後々仕事が来るんじゃないか」

と思っているからなんです。

もし、そうなったら、そんな人からは、付き合いが悪い人と思われて良いんです。人脈にひびが入って良いんです。仕事が来なくて良いんです。

そんな人は、貴方への価値を必要としていません。逆に、貴方を何かで利用できないかと考えているだけですので、付き合いが無くなって良いんです。

今から4年ほど前の話になりますが、中小企業の経営者が15人くらい地方都市に集まり、地方都市の文化を学ぶ勉強会がありました。そして、勉強会も終わり懇親会になりました。3時間ほどの懇親会も終わり、皆で二次会に行こうという雰囲気になりました。

その時、私一人だけ、

「私は行きません。ホテルに帰ります」

と言ってきっぱりと断りました。主催者も断るとは思っていなかったみたいで、呆気に取られていました。

一次会の懇親会場所へはバスで移動していたので、ホテルに立ち寄って頂き、私だけバスから降りました。その間、凍り付くような雰囲気の中で、私一人になっても断れたのは次の理由からです。

二次会の場所は、地方都市の有名な飲食街のクラブです。一人の相場が1時間で2~3万円です。勉強会の二次会をそんな場所でやる主催者の時代遅れの感覚、ビジネスセンスのなさを感じ、こんな人と今後も付き合って行くのは「嫌だな」と思ったこと。

また、その当時、私の会社もそんなに儲かっていませんし、こんな夜中でも仕事をしている社員もいます。2時間もいれば4万円~5万円かかります。そのお金で、会社の社員全員で忘年会が出来ます。それを思えば、断れる理由が明確に見つかります。

もちろん、それ以降、その主催者、関係者から、会合や勉強会の誘いも一切来なくなりました。私も、人脈の断捨離が出来たのでかえってスッキリしました。だから、断っても大丈夫なんです。いや、きっぱりと断らないとダメなんです。

これは、ビジネスにおいても共通なんです。

「嫌な仕事(顧客)は、断る勇気を持つ」

ことなんです。なんとなく「嫌だな」って思う気持ちは、「やらない方が良い」っていう、自分からの忠告なんです。そうじゃないと、仕事を頂けるのに「嫌だなあ」なんて思わないですよ。

これも、私の経験から「嫌だな」って思ってやってうまく行った仕事など殆どありません。「あの時、断っていれば良かった」と思ったことの方が圧倒的に多いです。

また、仕事を断って一時仕事がなくなったとしても大丈夫です。その時に、自分のやりたい仕事が受けられる準備ができます。だから、断る勇気を持つっていうのは、ビジネスを発展させる上において、ものすごく大切な事なんです。

「自分ひとりになっても、断る勇気を持つ」是非とも実践してみて下さい。応援しています。

尚、今回のお話は「ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法」のPodcastでも聞けるようになっています。→ http://goo.gl/sVUL1o

ありがとうございました。次回も楽しみにしていてください。

*********************************************************
ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法
株式会社システムフォワード 代表取締役 大内 一也
https://www.facebook.com/kazuya.ohuchi/
http://www.sysforward.co.jp/
*********************************************************


関連記事

ページ上部へ戻る