第38回 どちらを選択しても、正解である。あなたはそれが正しかったことを、証明するために生きるからである

【どちらを選択しても、正解である。あなたはそれが正しかったことを、証明するために生きるからである】

□ ざっくり言うと

・ 今までの選択が間違ったと後悔している
・ 選択が間違いであることを証明しようとしている
・ 選択が正しかったことをこれから証明すればいい。

ビジネスマンが最強運を引き寄せるための心質(しんしつ)を改善する八つの方法をお届け致します。

尚、今回のお話は「ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法」のPodcastでも聞けるようになっています。→ http://goo.gl/sVUL1o

1回目が「今、この仕事を全力で好きになる」
2回目が「もう、友達だって変えてみる」
3回目が「嫌だと思った慣習は、自分でしか断ち切れない」
4回目が「幸せとは、他人と比べないところから始まります」
5回目が「学歴と身長はもう高くならない。目標と意思だけは、これからだって高くなれ6回目が「自分ひとりになっても、断る勇気を持つ」
7回目が「アドバイスを貰ったら、自分にメリットではなく、アドバイスをくれた人へのお礼として行動する」

そして、最後の第8回目は、「どちらを選択しても、正解である。あなたはそれが正しかったことを、証明するために生きるからである」です。

人生、長く生きているを、「あの時ああしておけば良かった、この時こうしておけば良かった」と後悔していませんか?

後悔してもどうしようもないのです。もう、思い出さないでください。それを思い出し始めると、常に後悔の中で、生かされてしまいます。

更に、

「あの時ああしていれば、俺は本来はこんなところにいるべき人間じゃないんだ!」

と、マイナスオーラ全開でまき散らしていますから、それを聞かされている、家族、社員、友達等はたまったもんじゃありません。

「じゃ、今から会社を辞めてやれば良いのに。辞める勇気もないなら、愚痴をまき散らさないでほしい」

と皆思っています。車の運転で例えると、正面見て走っていないんですよ。常に、バックミラー見ながらは走っているんです。だから、なかなか前に進めないんです。

結局、なぜそのように思ってしまうのかと云うと、人生の選択を変えていれば、

「自分はもっと幸せになっていたはずだ」

と勘違いしてしまい、これからだって努力すれば幸せになれるのに、そのことさえも諦めてしまっているからです。

人生のゴールとは、幸せになることですよね。つまり、どちらを選択したなんて全く関係ないんです。これは、どんな人も共通してるんです。

「私、不幸になるために生まれてきました」

なんて人は、多分いません。だから、全ての人のゴールは同じで、「幸せになること」なんです。ただ、人それぞれに証明する公式が違うだけなんです。

つまり、今までの選択が正しかったことを、これからの長い人生の中で証明していけば良いだけなんです。だから、今まで選択したことは正解なんですよ。

この話は、私の長男が大学三年の時に、就職先に迷っていた時の話です。「ナショナルブランドの大手に就職しようか、それとも私の会社を継ごうか」と大分迷っていました。「どっちが正解かな」って私に相談してきました。そして私は、

「どっちでも正解だよ。なぜなら、お前がその選択が正しかったことを証明するために、これから生きるからだよ」

とアドバイスしてあげました。すると長男は何か吹っ切れたように「よし。決めたよ」と言って、私の会社を継ぐことになりました。もちろん、この選択は大正解です。

貴方の今までの選択だって、大正解なんです。だって、これからそれが正解だったことを証明するために、生きて行くからなんです。頑張ってください。応援しています。

尚、今回のお話は「ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法」のPodcastでも聞けるようになっています。→ http://goo.gl/sVUL1o

ありがとうございました。次回も楽しみにしていてください。

*********************************************************
ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法
株式会社システムフォワード 代表取締役 大内 一也
https://www.facebook.com/kazuya.ohuchi/
http://www.sysforward.co.jp/
*********************************************************


関連記事

ページ上部へ戻る