第49回 楽して儲けようと思うと他人に目が向き、努力して儲けようと思うと自分に目が向く

【楽して儲けようと思うと他人に目が向き、努力して儲けようと思うと自分に目が向く】

□ ざっくり言うと

・ 楽して儲けようと思うと自分より他人やっていることが気になる。
・ 努力して儲けようと思うと自分がやるべきことが明確になる。
・自分がやるべきことが明確になると他人が気にならなくなる。

「ビジネスマンが最強運を引き寄せるための8つの気付き」をお届け致します。

尚、今回のお話は「ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法」のPodcastでも聞けるようになっています。→ http://goo.gl/sVUL1o

1回目は、「遠回りをしたのではない。体力をつけてきただけのことである」
2回目は、「意識して前向きになるのではなく、勉強して前向きになるのである」

そして、第3回目のテーマは、「楽して儲けようと思うと他人に目が向き、努力して儲けようと思うと自分に目が向く」です。

3.11の東日本大震災で、福島第一原発で水素爆発事故がありました。その時に降りかかってきた問題から気付いた言葉です。

弊社は第一原発から約50㎞。放射能の影響により、年度末の一番忙しい時期に会社は休眠状態。更に年度末納品予定のシステムが相次いでキャンセル。合計すると2000万くらいありました。

2週間後に会社が稼働しても水が出ない。それで、毎日、川に水汲みに行きながら「なんでこんなに苦しめられるのか」と思っていました。

そして、その翌月5月に東京ビッグサイトの展示会に出ることが決まっていて、「こんなにハンデがある中で、ライバル会社に勝てるのか」と、まさしくどん底心境でした。

そんな時に、子供のころから父から聞かされ続けていた言葉が聞こえてきたのです。

「人の何倍も何倍も努力しろよ」
その言葉を聞いた瞬間に、何かが吹っ切れた感じがしました。

「よーし。こんなにハンデがある中で、楽して儲けることなんかできない。それじゃ、努力して儲けよう」

そして、とにかく1日でも長く会社を継続できること、これだけを目標に先ずは頑張ることにしました。そうすると、自分たちが何をすべきかが明確になってきました。

そして、自分たちがやることが一杯になって、他社のことなど考えている余裕がなくなってくる。これが、努力して儲けようと思うと自分に目が向く本質なんです。

新しい年になって、皆様も目標を立てたと思います。前回もお話したように、目標を立てて、計画を立てて、予定を立てて実行する。これだけで、今年は最強運を引き寄せられると思います。

「楽して儲けようと思うと他人に目が向き、努力して儲けようと思うと自分に目が向く」

別な言い方をすると、

「楽して儲けようと思うと騙され、努力して儲けようと思うと騙されない」

でもあります。この言葉が、ビジネスで騙されないお守りにもなる言葉です。是非持っていてください。

尚、今回のお話は「ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法」のPodcastでも聞けるようになっています。→ http://goo.gl/sVUL1o

最後までお読みいただきありがとうございました。次回も楽しみにしていてください。

*********************************************************
ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法
株式会社システムフォワード 代表取締役 大内 一也
https://www.facebook.com/kazuya.ohuchi/
http://kazuya-ohuchi.com/
http://www.sysforward.co.jp/


関連記事

ページ上部へ戻る