第53回 時間の経過とともにノウハウは腐ってくるが、生き様だけは活きてくる

【 時間の経過とともにノウハウは腐ってくるが、生き様だけは活きてくる】

□ ざっくり言うと
・ 過去のノウハウは環境の変化とともに使えなくなっている。
・ 事業の背景や苦労したことをドキュメントに書いて残す。
・ それが、時間の経過とともに生き様となって活きてくる。

「ビジネスマンが最強運を引き寄せるための8つの気付き」をお届け致します。
尚、今回のお話は「ビジネスマンが最強運を引き寄せる方法」のPodcastでも聞けるようになっています。→ http://goo.gl/sVUL1o
第7回目のテーマは、「時間の経過とともにノウハウは腐ってくるが、生き様だけは活きてくる」です。

私は過去、独自のECサイト構築関連の講演を100回くらい行ってきました。(※ここでのECサイトとは、ネット通販サイトのことです)

ECサイト構築の話と言いますと、どうやってインターネットで成功していったかって言う話をしていくわけです。

サイト名の決め方とか、トップページ・商品ページの作り方、SEO対策、リスティング広告の出したか、プレスリリースの書き方とかを話します。

しかし、私が始めたころは、全国でECサイトは1万店舗もありませんでした。しかし今は、無料化の影響により100万店舗位あるのではないでしょうか。また、スマホなんか誰も使っていませんでした。今では60%以上がスマホから使っています。

つまり、私が始めたころのノウハウは、もう腐っていて食べられないのです。野菜と同じく新鮮なものしか食べられないのです。

但し、今でも腐らずに、時間の経過とともに良い味を出しているものがあります。

それは、生き様です。私は講演で必ず話すことがあります。

————————————————

私の父が福島の荒海でカニ漁をしていました。生産者は価格が決められないので、市場では安い価格で取引されていた。何故なら、買い手は安くして売るしかノウハウがなかったからです。

父が「もう、こんな価格では漁業なんか続けられないな」と寂しそうにつぶやきました。その声を聞いて、「自分に出来ることはないか。そうだ、自分ならインターネットでカニを売るシステムが作れる。そしてこの下請け構造からの脱却させることができる」と思い、独自のECサイト構築を始めたのです。

ただ、商売を経験していないシステムエンジニアがインターネットでカニを売るシステムを作ったところで、売れるはずもありません。それでも、苦労しながら一つ一つ問題をクリアしてきて、何とか売れるようになったんです。

————————————————

このように話します。100回も話していると、何も見ないでスラスラと話せるようになり、聞いている人に感動を与えることが出来るようになります。

だから皆様にやってほしいことは、このビジネスを始めるようになった背景を1200文字程度でまとめてください。そして更に、事業を始めていく中で発生した問題をどのように解決してきたか。これもしっかりとドキュメントに残して語れるようにしてみてくださいね。

それが生き様となって、時間の経過とともに活きてくることでしょう。


関連記事

ページ上部へ戻る